ダイエットで理想の自分を手にする方法

女性の皆様であれば、ダイエットを一度は試みたことがあるという方がほどんどだと思います。

なぜダイエットをするのか、それは様々な理由があると思いますが、健康上の問題ではない限りほとんどの方は、今の自分を少しでも変えたいという気持ちがあるからではないでしょうか?

その理想の自分を手に入れるためのダイエットですが、一言にダイエットといっても方法はたくさんあり、短期間で減量する方法、また長期戦での減量にチャレンジする方法、あるいは体重をひたすら減らす方法、トレーニングで鍛えて見た目を変える方法様々です。

どちらにしても、努力は必要ですが、理想の自分をダイエットで手に入れるうえで一番大切なことはその体形を維持することだと私は考えます。

そこで、今回私が、ダイエットで長期的に維持することに成功した方法をご紹介します。

まず初めに、ダイエットするのあたって短期集中型ではなく、長期的かつ、体重よりも見た目をよくすることを心がけ、無理な食事制限や無理な運動はしません。

一日一日の過ごし方を注意するだけです。

私の一日のルーティーンを紹介します。

朝起きて、一番初めに白湯をいっぱい飲みます。白湯が苦手なかたはブラックのコーヒーや緑茶でもいいので暖かい飲み物を飲みます。

それからしばらくして朝食をとり仕事に出かけます。

ストレスはダイエットの大敵のため、お昼は好きなものを食べてもいいルールです。気持ちに余裕のあるときは、炭水化物をあまりとらないようにして、たんぱく質を集中して取るようにしています。

夜は、炭水化物を抜きます。どうしても食べたいときはお米を食べるようにしています。このように絶対にこうでないといけないとか何事もルールを厳しくしすぎないことでモチベーションを保ちます。

また、19時以降は食べないように心がけています。仕事が長引いたときは、サラダ中心で軽食であれば21時まではokということにしています。

夜、お風呂は発刊作用のある入浴剤をいれ、半身浴をするように心がけています。(夏は二日に一回、冬は毎日といった具合です)

水分はできるだけ摂取します。よく快糖茶を飲んでいるのも、このためですが、さらにダイエットをサポートしてくれるので愛用中です。

このように少しの心がけと無理のない程よいルール作りで理想の体型を維持することができました。

ダンベル体操ダイエットで痩せられました!

新型コロナウイルスの影響で、家にいる時間が増えましたよね。太ってしまいそうなので、「これは逆に家で運動すれば痩せるのでは?」と考えて、私がトライすることにしたのがダンベル体操ダイエットです。ダンベルは数年前に筋トレ用に買っていたものがあったので、それを使うことにしました。

1キログラムの無理のない重さのものを両手に持ち、腕全体を使って持ち上げたり、下ろしたりする単純なダイエットです。特に効いたと感じるのは、ダンベルを両手で持ってゆっくりとスクワットをする運動です。普段使わない部分を引き締めたという実感を得ることができました。

ただ、このダイエットのポイントは、回数ややり方にこだわらないこと。家にいてぼーっとしてしまいそうな時に、腕で持ち上げては下ろす運動やスクワットを繰り返して、疲れたらやめました。大事なのは毎日続けることです。たとえほんの数分でも、1日1回は必ずダンベルを持ち上げることを心がけました。

それを続けたら、2か月で1キロ減に成功!数字だけを見たら大したことはないですが、体が全体的に締まった印象になり、服を着たシルエットもスッキリとしました。今後も体重と体型キープのために、ダンベル体操ダイエットを続けたいと思います。

私は筋力トレーニングを行ってダイエットを成功させた

「最近太りすぎてしまった」などと言う理由でダイエットを始めていると言う方もきっと多いと思います。

ダイエットの方法は様々ありますが、ダイエットを行おうとしている方はどのような方法でダイエットをしているのでしょうか?そんな中で1番効率よくダイエットを行う方法があり、私はそのダイエットの方法を行ってダイエットを成功させることができました。果たして私がダイエットを成功させた方法がどのような方法なのかということについて簡単にお話をしていきたいと思います。これからダイエットを行っていこうと考えている方は必見です。

ダイエットを行う際の効率の良い方法としても知られていますが、私は筋力トレーニングを行ってダイエットを成功させました。筋肉は脂肪を燃焼させるのに大変必要なものであり、反対に筋肉がないとなかなかダイエットを行うことができません。

有酸素運動を行うことももちろん良いことではありますが、筋肉量が多くあった方がより酸素を使用して脂肪を燃焼させることができるのです。特に太ももの筋肉や腕の筋肉を頑張ってトレーニングして筋力をつけ、脂肪を燃焼させることができたと思っています。筋力トレーニングの方法には様々な方法がありますが、自分でできそうなトレーニングを選んで行ってみてください。

コツコツはじめた筋トレダイエット

今回は、私が行っているダイエットについて記事を書いてみたいと思います。もともと私はダイエットなんてするものではないと思っていました。これはダイエット自体に”辛い”、”続けられない”、”我慢しなくはいけない”などマイナスなイメージばかりを持っていたからです。そんな私がなぜダイエットをはじめることにしたのか?それは日々の運動不足が原因でした。

 私は現在、自宅で在宅ワークの仕事を行っています。毎日パソコンを開き、調べものをしたり文字を打ったりの連続です。以前は営業職で会社勤めをしていたので、通勤だったりお客様との関わりで歩き回ることも多くごく自然に運動が出来ていたのですが、そんな生活と打って変わって現在は自宅。仕事をしていると運動はほぼゼロに等しいです。運動不足で体重も増えていくのはもはや当たり前のようなものではないでしょうか。こうして私のコツコツ筋トレダイエットが始まったのです。

 ダイエットははじめたのもも、私はダイエットによるストレスは嫌でした。ご飯は美味しく食べたいですし、お菓子も大好き。それを我慢するのは嫌だったので、運動する量を多くしていかなければいけませんでした。そこではじめたコツコツ筋トレダイエットですが、ポイントは一気にやらないことです。一気にしすぎると身体を痛める原因にもなりますし、時間もかかります。なので一回3分、スキマ時間にコツコツやっていくことにしました。習慣化するのには少し大変でしたが、今は全く苦はありません。スキマ時間に行うことで心身共に負担は軽減出来ますし、何より続けやすいのがポイントです。パソコン作業が多いとつい長時間同じ姿勢になってしまったり、目の負担も増えてしまうのですが、その休憩がてらに簡単な筋トレとして足上げや腹筋、背筋など様々なトレーニングを行います。そうすることで程よい運動が出来るのでパソコン作業の良い休憩になり、休憩でありながら身体に良い効果が出てくれました。

 こうして筋トレダイエットを続けることによって、なんと1ヶ月で3キロの減量に成功したのです。これが結果に出ればもう楽しくて、今は筋トレダイエットをはじめて2ヶ月目ではありますが、また更に良い効果が出て来ています。ストレスも全くなく、身体が引き締まって来ているのが目で見てわかるようになって来ました。これからも頑張ってこのコツコツ筋トレダイエットを続けていきたいと思います。

筋トレで簡単にダイエット

筋トレと聞いて、まず浮かんでくることは何でしょうか?まず、きつそう・筋肉痛が痛そうなどではないでしょうか。しかし、今回は誰でも簡単にそんなにきつくなく、筋肉痛も最小限におさまるトレーニング方法をご紹介したいと思います。その方法とは、BIG3(ビッグスリー)を鍛えることです。ビッグスリーとは、胸・背中・お尻です。ではどのように鍛えればいいのかご紹介いたします。

胸の場合は腕立て伏せが効果的です。腕立て伏せは腕の筋トレと思いがちですが、実は胸の筋トレなんです。やり方としては、一般的な方法でも構いませんが、できない方はまず膝をついて行う方法もあります。また、効果を上げるためには、プッシュアップバーなどを使うとより効果があります。

次に背中とお尻ですが背中は腕立て伏せでも多少筋トレになってます。しかし、スクワットを行うことで背中とお尻に効果が期待できます。スクワットと聞いて嫌だなと思うかもしれませんし、下半身の筋トレと思うかもしれません。しかし、下半身の筋トレにもなりますが、お尻・背中も鍛えることができます。普通のスクワットではなく、腰に両手をあて、目線は天井を見ながら行うスクワットを行うことで、お尻と背中に効果が期待できます。

この腕立て伏せとスクワットを10回3セット行うことをお勧めします。